中央テレビ局無錫映画、テレビ基地は中国創始の大規模な映画、テレビの製作基地および観光地である。1987年より建設し始められ、我が国で初めに映画、テレビ文化と観光と互いに組み合わせた主題ガーデンであって国家の最初の5A級観光地でもある。その特別な機能と魅力があるので、毎年百以上の映画、テレビ製作組を引き付け、ここで1000部以上のドラマと映画の製作すをる同時に、毎年テレビ、映画の製作神秘を探究する観光客を200万人余を引き付けている。更に景勝地の作り直しと優れたサービス及び知名度の上がりと伴い、来られる製作組及び観光客が年毎に安定に増やしている。それは業界第一で、国内公認の最初及び最成功の映画、テレビ基地で、"東方のハリウッド"と称えられている。

中央テレビ局無錫映画、テレビ基地は97年から上場公司に成って、二大の機能があり、即ち映画、テレビの撮影製作及び観光である。主な構成部分の唐城、三国城、水滸城はそれぞれ1991年、1994年と1996年に建造され、規模の雄大さにより撮影及び観光地として最適の特色がある。また、神秘無限の撮影現場と抜群の出し物、大自然に恵まれている太湖山水と施設完備の撮影機能で数多くの海内外劇製作組及び観光客を引付けている。

基地の主題文化はテレビ、映画文化及び延伸文化としての古代文化で、特色鮮明、基礎がしっかりしている。全国有名な撮影基地と創立して以来、《三国演義》、《水滸伝》、《唐明皇》、《楊貴妃》、《大明宮詞》、《笑傲江湖》、《大宅門》(及びその継続)、《狄仁傑》、《六指琴魔》、《射雕英雄伝》、《鳳在江湖》、《大唐情史》、《天下粮倉》、《神医》、など数千部の海内外の映画、テレビの製作組をもてなした。基地内に長期に渡って劇製作組が駐在し、香港、台湾、韓国、日本、大陸など各地のスターが頻繁に往来している。その現場で撮影中のスターを見える以外、基地は特に不定期的にスターとの顔合わせ会を行って観光客が"零距離"でスターと接触させている。映画、テレビの撮影を観賞したり、スターと一緒に記念写真を撮ったり、スターにサインをもらったり、スターと互いに交流したりすることは映画、テレビ基地を遊覧する主な内容の一つとなっている。

中央テレビ局無錫映画、テレビ基地は敷地面積が100ヘクタール以上で、太湖水域は3000ムーである。景勝地内に漢代風を再現する呉王宮、甘露寺、漢鼎、曹営水旱寨…… 宋代風を再現する皇宮、大相国寺、紫石街、清明上河街、水泊梁山で、唐代風を再現する御花園、華清池、唐宮などの大規模な古典建築群及び"旧北京四合院"、"旧上海一条街"などの明清風の建築景観がある。景勝地内を散策すると中華民族の古老、偉大な知恵にしっかりと心服させられる。

毎日二十場以上の馬戦、歌舞、映画テレビの特技類の出し物があり、場面が非常に雄大である。人心を摑む"三英戦呂布"、古典華麗、美人が雲の如しの"華夏古韻"があり、近年登場した国内最初の連続に公演する"映画、テレビ特技探究"の公演が最高のものだと称えられている。その以外に、"燕青打擂""連環計""酒に酔って蒋門神を痛撃"、"英雄が美人を救い"などの公演もお客さんに愛されている。今年基地が公演の調整をし、投入の幅も往年より多い。主な公演の服装、道具、音響、設備を全面的に更新し、強烈な視聴衝撃で観客にその場に身を置く感じをさせ、その感じを噛締めさせられる。あるお客さんが"一場の三英戦呂布公演が一枚の三国城のチケットに値する"と言ったのは尤もである。

中央テレビ局無錫映画、テレビ基地は自然風景が穏やかで美しい、山紫水明である。基地が奇麗な太湖の浜、軍嶂山の麓に位置し、山にも水にも親しくしている。清朝の《太湖記》で"江南山水の第一秀奇なのは太湖"と記載され、太湖の水面に霧が立ち込めて広大、水質が澄明である。、太湖風光が簡素優雅、雄渾広大である。飛鳥が掠めて、光の影が乱れ、風雲が変わり、太湖が美しい、美しいところが太湖水と称えられている。遊楽する時、岸辺で水を戯れたり、湖壁を登ったり、欄干によって眺めたり、高い所に登って俯瞰したり、湖舟を浮かべたりして水と天が組み合わせの一線の際に、太湖の霊気及び優雅さを楽しめる。映画、テレビ基地を心ゆくまで遊覧し、太湖美景を満喫し、本当に一挙両得で、金も時間も節約できる。

中央テレビ局無錫テレビ、映画基地が科学的に管理、優れたサービス、継続的な開拓及び完備的な撮影施設で国内外の観光客及び劇制作組のご到来をお待ちしております!